操作方法の要望



  • こんにちは
    BIAS FX を iPhone 8 で使っています。
    操作で気になる点があるので挙げさせてください。

    1. FXやAmpをタップした際の挙動が変わる
      Jamupからの伝統だと思いますが、FXやAmpにフォーカスがない状態でのタップと、フォーカスがある状態でのタップで挙動が変わります。フォーカス無しタップで操作パネル、フォーカス有りタップでChooseメニューです。Jamupの場合、おそらくiPad版でもそうだと思いますが操作パネルが常に表示されていたためこれで違和感がありませんでした。BIAS FX iPhone では操作パネルがスライドアップしてきて全画面を覆います。そのためこの操作パネルの表示手段がころころ変わってしまい違和感があります。タップ時は常に Choose を表示して欲しいです。従来の挙動が好みの人ももちろんいると思いますので後から Settings 画面で切り替えられるとうれしいです。
        あるいは上下左右に「View」「Delete」「Choose」「Copy」「Paste」などのメニューが出ても便利だと思います。

    2. 操作パネルの "へ" の字マークスライドアップはできるのにスライドダウンはできない
      FXやAmpの操作パネルのオープン・クローズはノーマル タップを想定していると思います。オープンに関しては "へ" マークのスライドでもできるようでこれは直感的だと思います。しかし "-" マークでの逆のクローズは iPhone の制約上通知センターが表示されてスライドでできず戸惑います。右の空き領域をスライドすればできるのですが、何もないところを操作することを覚えておくことは人間として難しいです。そこで、スライドできる位置へマーク自体の位置を変えるのはいかがでしょうか。

    3. 操作パネル右上のドロップダウン
      FX や Amp の右上には名称を表示したドロップダウンが表示されています。▼マークがあるので切り替えできることが示唆されていて実際ロングタップで選択画面になります。しかしノーマル タップでは操作パネルが閉じてしまい切り替え画面へ遷移できません。プリセット ドロップダウンもノーマル タップで選択を開始できるのですから、ここもノーマル タップでできるようにしてほしいです。